在宅ライターのすすめ?楽しんで始められるお仕事?

副業が解禁された今、あなたは副業を経験したことはありますか?
筆者は在宅副業でライターを行なっています。
本記事では、在宅でライターをしている体験談を執筆させていただきます。
これを読んでいただいた際に、「私も在宅ライターをやってみたい」と思っていただけると幸いです。

在宅ライターを体験してみて思ったこと

まず、筆者の仕事方法をご紹介します。
主に仕事からの帰宅後の時間と休日を使って副業をしています。
平日は本業があるので、仕事時間はなかなか取ることが難しいです。
稼働時間ですが、平日は帰宅後の2時間程度、休日は5?6時間は行なっています。

執筆テーマですが、主に筆者の得意な分野や経験したことを主に書かせていただいています。
具体的には、かつて保険会社で働いていた知識を活かして、保険の記事を書くことが多いです。

在宅ライターは最初手探りで始めました。
「本当にお金が稼げるのだろうか?」という思いが一番にありました。
しかし、実際に始めてみると、お金もそうですが、それ以上に様々な知識を得られていると思います。

在宅ライターを行なってみて苦労していること

在宅ライターを経験してみて、苦労している点が二点あります。

一点目は、仕事場所の確保です。
現在自宅にパソコンがないため、ネットカフェを利用することが多いです。
そのため、そこへ行くまでの移動や、場所代がかかることです。
全ての仕事がスマートフォンで出来るわけではないので、お金の捻出と仕事場所の確保には苦労しています。
しかし、元々アクティブであることや、ネットカフェも様々なサービスが充実していて好きなので、しばらくこの状態を続ける予定です。

二点目は対価の問題です。
副業に時間を費やせる人は割と稼げると思いますが、私のようにあまり時間を費やさないと、そんなに稼げません。
お小遣い程度の稼ぎだと考えておいた方が良いと思います。

在宅ライターをやっていてよかったこと

在宅ライターをやっていてよかったことは、二点あります。

一点目は収入が増えることです。
先ほど「在宅ライターの稼ぎはお小遣い程度」だと執筆させていただきましたが、それでも収入が増えることは事実です。
一人暮らしをしているため、少しでも収入が増えるだけで助かります。

二点目は、スキルアップです。
元々書くことは好きでしたが、自分の文章能力には自信がありませんでした。
しかしお仕事をいただくなかで、文章の書き方を教わることが出来ます。
そのおかげで、少しはスキルアップにつながっていると感じています。
この能力は本業でも活かすことができています。
文章スキルを上げたい人にはおすすめです。

いかがでしたか?

在宅ライターは収入増と、文章のスキルアップにつながります。
また、自分の得意分野で文章を書くことが出来るので、とても楽しいお仕事です。

文字数の少ないお仕事もたくさんあるので、まずはそれから始めてみてはいかがでしょうか。